本部警察署(沖縄県本部町)が「落とし物」として保護していた大型のケヅメリクガメの飼い主が29日、同署に名乗り出てカメを引き取った。

飼い主に引き取られたケヅメリクガメの「カメ吉」

ケヅメリクガメの「カメ吉」を引き取りにきた飼い主の竹田伸之さん=29日、本部町・本部暑

飼い主に引き取られたケヅメリクガメの「カメ吉」 ケヅメリクガメの「カメ吉」を引き取りにきた飼い主の竹田伸之さん=29日、本部町・本部暑

 体長約80センチ、重さ30~40キロのオスで名前はカメ吉。28日に今帰仁村の山中で住民が発見し、署に届けた。

 飼い主の竹田伸之さん(51)=国頭村=はカメ吉を1997年から飼っていて、今年11月からは今帰仁村の農園予定地で約60センチの柵で囲って飼育していた。

 29日朝、本紙などの報道を見た知人から連絡を受け、カメ吉の脱走に気付いたという。「脱走は私の落ち度。5センチくらいの子ガメの時からかわいがっていたので無事で良かった」と胸をなで下ろした。

 署は、竹田さんが持参した映像や甲羅の特徴から飼い主と確認。地域課の金城広樹課長は「カメ吉もうれしそうだった」と笑顔を見せた。