沖縄タイムス+プラス プレミアム

[解説]通報手続きを定めた日米合意の抜本的見直しを 米軍の裁量任せの対応、事故続発を招いた恐れ

2019年11月30日 13:22有料

 2016年4月の本島東沖での米軍機による空中給油訓練事故で日本側へ通報がなかった件は、日米両政府間で再発防止策が十分に練られなかった事態を招き、約8カ月後に名護市で同様の訓練でオスプレイ墜落事故が発生した。米軍の裁量任せの対応が、事故の続発を招いた恐れがある。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間