社民党沖縄県連(照屋大河委員長)は30日の臨時執行委員会で、来年6月実施予定の県議選に向け、現職2人と新人1人を第1次公認候補として発表した。照屋氏は「最低限の目標として現有議席を確保したい」と述べ、前回県議選で獲得した6議席を守ることに意欲を示した。年内の2次公認発表を目指す。