木村草太の憲法の新手

[木村草太の憲法の新手](117)桜を見る会 功労なく招待すれば違憲 「知る権利」侵害も深刻

2019年12月1日 13:36有料

 内閣総理大臣主催の「桜を見る会」に注目が集まっている。政府によれば、この会は、「各界において功績、功労のあった方々」を招待・慰労するパーティーだ。1952年以来の伝統があり、他の政権下でも開催されてきた。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間