沖縄タイムス+プラス ニュース

「リタイアは御免だ!」関門に駆け込むランナーたち 今年も42.195キロのドラマ

2019年12月2日 10:07

 1日に沖縄本島南部5市町を舞台に開かれた「第35回NAHAマラソン」。照り付ける日差しに負けじと、ジョガーたちは力強くゴールを目指した。コース沿道の給水所ではボランティアが懸命にサポート、家族や友人も声援でジョガーたちの背中を押した。大会の様子を写真で振り返る。(写真部・田嶋正雄、金城健太、下地広也、国吉聡志)

「リタイアはご免だ!」。午後2時10分に閉まる第2関門に駆け込むジョガーたち=豊見城市渡橋名

コースを埋め尽くして上り坂を走るジョガー=1日、八重瀬町富盛(田嶋正雄撮影)

琉球ガラスで作られた完走メダルをかけてもらい笑顔がこぼれる=奥武山公園

「ヤングマン」の曲に合わせてジョガーみんなで「Y・M・C・A!」=豊見城市嘉数

「お水です」と声を張り上げてスポンジを手渡す東風平小の児童=八重瀬町・東風平中学校前

制限時間ぎりぎりで陸上競技場に駆け込むジョガーと沿道で応援する人々=那覇市・奥武山運動公園

押し寄せきたジョガーの波が国際通りを埋め尽くす=1日、那覇市牧志

「リタイアはご免だ!」。午後2時10分に閉まる第2関門に駆け込むジョガーたち=豊見城市渡橋名 コースを埋め尽くして上り坂を走るジョガー=1日、八重瀬町富盛(田嶋正雄撮影) 琉球ガラスで作られた完走メダルをかけてもらい笑顔がこぼれる=奥武山公園 「ヤングマン」の曲に合わせてジョガーみんなで「Y・M・C・A!」=豊見城市嘉数 「お水です」と声を張り上げてスポンジを手渡す東風平小の児童=八重瀬町・東風平中学校前 制限時間ぎりぎりで陸上競技場に駆け込むジョガーと沿道で応援する人々=那覇市・奥武山運動公園 押し寄せきたジョガーの波が国際通りを埋め尽くす=1日、那覇市牧志

◆第35回NAHAマラソン完走者の声             

初出場きつかった完走

 瀬長大地さん(16) 初出場。1カ月前から練習していたが、きつかった。ゴールはまだかなと思いながら走っていた。4時間切ることを目標にしていたので、達成できなくて少し悔しい。(那覇市、高校生) 

30キロすぎから膝にきた

 那覇洋乃さん(22) 今大会が初挑戦。長距離をやっていたこともあって走りは大丈夫だったけど、30キロ過ぎた頃から膝にきた。沿道の応援にも励まされた。次は4時間を切りたい。(名護市、市役所職員)

坂も暑さも大変だった

 小塚淳紀さん(23) 人生初マラソン。コースは下見していたが、坂も暑さも大変だった。トラウマになりそうなほどきつく、完走して泣きそうだった。また挑戦したい。(東京都、大学生)

気力で日差し乗り越え

 武村あやさん(39) 7回目の出場で今回が一番きつかった。日差しが強くて途中で吐き気もしたが、気力で完走した。年に1回のイベントで走らないと年を越さない感じ。来年も頑張りたい。(那覇市、会社員)

応援受け楽しく走れた

 野原綾人さん(35) 10年ぶりのNAHAマラソン。キツかったけど、沿道の応援もすごくて楽しく走れた。目標タイムは達成できたし、これを機に自己ベストを目指して練習に励みたい。(宜野湾市、会社員)

強い気持ちで走り切る

 前田由美さん(47) 5回目の出場。十数キロの朝練に定期的に取り組んできた。途中から応援が少なくなったが「絶対にゴールする」という気持ちで走り切った。次回は5時間半を目指したい。(浦添市、助産師)

もっと走りたい気分に

 石川克也さん(58) アップダウンがあってきつかったけど、沿道から氷をもらえて熱中症にならずに助かった。幅広い世代が参加していて、もっと走りたい気持ちになった。(埼玉県、医師)

地元の応援素晴らしい

 矢野政子さん(68) 他府県のどの大会よりもNAHAマラソンは沿道で連なる地元の応援が素晴らしい。参加して3回目。暑さでバテそうだったけれど、応援のおかげで完走できた。(兵庫県)

次は3時間台を目指す

 玉城美空さん(18) 3回目の出場。去年、おととしは結構速いペースで走れたのでみんなを追い越して行く側だったが、今年は追い越される側になってしまった。来年は3時間台を目標に練習して頑張る。(西原町、高校生)

声援に励まされて完走

 忽那光祐さん(28) 3回目だが、練習不足で完走が目標だった。34~35キロ付近がきつかったが、声援に励まされ完走できた。来年も沖縄にいれば自己ベストを目指して走りたい。(那覇市、公務員)

来年は何でも頑張れる

 玉城美菜さん(29) 記録を狙っていたけど、いかに炎天下を走り切るかの闘いだった。本当に暑かった。マラソンほど過酷なものはない。今日を乗り越えたので来年1年も何でも頑張れる。(うるま市、会社員)

ギリギリ4時間半以内

 與那尚徳さん(36) NAHAマラソンは7回目。日が照り付けて大変だった。仕事が忙しくて練習不足だったけど、ギリギリ4時間半以内にゴールできて良かった。来年も挑戦したい。(糸満市、会社員)

自分に勝ててよかった

 松堂優美さん(33) 3回目の出場で初めて完走できた。つらかったが、自分に勝ってよかった。ずっと一緒に走ってくれた同僚に引っ張られ「同僚さまさま」。ご褒美に今夜はビールで乾杯したい。(那覇市、看護師)

来年は初の4時間切り

 東江尚行さん(43) NAHAマラソンでは初の4時間切りをしたかったが、暑さに中間地点で足がつってしまった。途切れない声援や音楽に背中を押してもらった。来年こそリベンジしたい。(読谷村、会社員)

朝の出勤前に10キロ練習

 仲村のり子さん(50) 好タイムを出そうと、朝の出勤前に10キロ走っていた。沿道の応援には本当に励まされるし、楽しい。応援で幼い子どもたちが太鼓をたたく姿が愛らしかった。(うるま市、役場嘱託員)

完走後のビールが最高

 島袋勇さん(66) 60歳から参加して今回で5回目の完走。毎日走って練習しているが、今回はベストではないタイム。ただ走り切った後のビールが最高においしいのは変わらないね。(宜野湾市、アルバイト)

令和最初の「NAHAマラソン」おつかれさまでした!! NAHAマラソンの思い出は「沖縄タイムス写真パラダイス」で。ゼッケン番号で検索できます!


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気