【読谷】廃棄する海ぶどうを餌として出荷間際に与える方法で、シラヒゲウニの陸上養殖に挑戦している読谷村の漁業者、屋良朝彦さん(67)と福地進さん(62)が育てたシラヒゲウニを使った放流体験会がこのほど、村楚辺周辺の海岸であった。村漁業協同組合が主催。親子など約60人が参加し、約200個を放流した。