政府が75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を、2022年に1割から2割に引き上げる方針を固めた。方針を受け、沖縄県内で福祉や介護に関わる関係者からは「消費税増税と矛盾する」「低所得者が困窮する」など不安の声が上がった。