沖縄タイムス+プラス ニュース

白鵬が土俵入りへ 首里城復興願い

2019年12月3日 10:07

 大相撲の横綱白鵬関が13日に、沖縄県那覇市の首里城公園内での土俵入りを計画していることが分かった。同県うるま市で14、15の両日に行われる冬巡業に伴う来県で、関係者によると、白鵬関本人が土俵入りを希望し提案したという。

土俵入りする白鵬(資料写真)

横綱白鵬

土俵入りする白鵬(資料写真) 横綱白鵬

 巡業関係者と日本相撲協会が、土俵入りの時間や首里城公園内のどこで行うかなど、最終の調整に入っている。

 冬巡業などでたびたび沖縄を訪問している白鵬関。関係者によると沖縄への思いが強く首里城火災にも心を痛めている。自ら「復興を願い土俵入りしたい」と希望したという。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気