2020年産サトウキビに国が支払う交付金単価が1トン当たり130円増額される見通しとなり、県内の農業団体は「19年産が310円上がったので今年は上がっても100円を超えることはないとみていた。製糖工場の買い取り価格が下がってきている中、評価できる額だ」と喜ぶ。