琉球銀行と沖縄タイムス社、沖縄セルラー電話、沖縄電力、日本トランスオーシャン航空(JTA)の5社が、競争力のあるベンチャー企業を創出・育成する「オキナワ・スタートアップ・プログラム」は5日、2019年度の支援企業8社を採択した。

オキナワ・スタートアップ・プログラムの採択企業

 これまでにない斬新なビジネスモデルで、事業を急拡大させる「スタートアップ」と呼ばれるベンチャー企業の創出を目指し、教育プログラムや資金調達を通して幅広く支援する。

 来年2月29日には、採択企業のビジネスプラン発表会「デモデイ」を、恩納村の沖縄科学技術大学院大学(OIST)で開く。