地元の食材を活用するなど味や製法にこだわった「クラフトジン(ご当地ジン)」の人気が、ここ数年で急速に高まっている。自前の酒を原料に使うことで投資が抑えられるため、小規模な酒造会社の参入も相次ぐ。焼酎や日本酒の市場の大幅な伸びが見込めない中、新たな収益の柱にと各社が開発を競っている。