沖縄タイムス紙面掲載記事

宿泊税 1泊5000円未満免除/修学旅行も対象外 県、素案固める

2019年12月5日 05:00

 県が導入を目指す観光振興のための新税(観光目的税)の素案が、4日までに固まった。県内のホテルや民泊施設の宿泊者を対象とした「宿泊税」とし、税額を宿泊料1人1泊につき5千円以上2万円未満は200円、2万円以上は500円を徴収する。修学旅行や、宿泊料が5千円未満の場合は徴収しない方針だ。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気