共同通信 ニュース

聖火到着式の空、5色の輪で彩る 航空自衛隊ブルーインパルス

2019年12月6日 06:36

 来年3月20日開催の東京五輪・パラリンピックの聖火到着式(宮城県東松島市)で、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が航空機5機から青、黄、黒、緑、赤の煙を発し、上空に五輪を描くことが決まった。6日、関係者への取材で分かった。1964年東京五輪、98年長野冬季五輪に続き5色で鮮やかに空を彩る。

 1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク

 1998年長野冬季五輪の開会式で、上空を飛行するブルーインパルスを見上げる観客

 1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク  1998年長野冬季五輪の開会式で、上空を飛行するブルーインパルスを見上げる観客

 式典は空自松島基地で開催。東日本大震災で大きな被害を受けた東松島市、同県女川町などの小学生らが出迎える中、ギリシャから空輸された聖火を、ランタンから聖火皿に点火するのに合わせて飛行する案が有力視されている。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間