沖縄タイムス+プラス プレミアム

「もし作業中だったら…」田んぼに落ちた照明弾、ぞっとする住民 民間地近くでの演習中止訴え

2019年12月6日 09:58

 【金武】過去に何度も流弾や砲弾の破片落下が繰り返されてきた金武町伊芸区の田んぼに、米軍の照明弾らしき物体が落下した。「一歩間違えれば大惨事」「ぞっとする」-。区民や町民からは怒りと驚きの声が上がった。 午後6時すぎ。いつもは静かな集落の一角に、警察や町役場の職員が慌ただしく集まった。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気