「エイス・グレード(8年生)」、日本でいう中学3年生。男子はガキ。背伸びしまくりの女子だって、結局まだまだお子ちゃま。エイス・グレードの主人公ケイラちゃんも、もちろんそう。

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」

 ただ彼女には友だちがいない。内にこもりがちで、本当はみんなとおしゃべりしたいのにできない。そんな彼女は信じている。「高校生になったら変われる」と。「高校生になれば友だちができる」と。でも彼女は小学生の時も信じていた。「中学生になったら変われる」と。

 話は変わるようで変わりません。私、結婚したら変われるかも。私、母になったら変わると思うの。そんなことをぼんやり思っていたら、結婚も出産も経験せぬまま、今日の日を迎えることに。

 ケイラちゃん、一緒に今日を一生懸命生きよう! 未来は今日の私たち次第だもんね!(桜坂劇場・下地久美子)

 ◇同劇場で12月7日から