沖縄タイムス+プラス ニュース

「あってはならない」とデニー沖縄知事 米軍のものなら厳重に抗議

2019年12月6日 10:15

 5日夕に金武町の田んぼに照明弾のような物体が落下したことを受け、玉城デニー沖縄県知事は6日午前の登庁時、「米軍のものであるなら厳重に抗議する」と強い口調で述べた。「こんなことは、あってはならない」と批判し、訓練は、人や民間地に被害が及ばない場所で行うべきとの考えを示した。

米軍のものとみられる落下した照明弾=5日午後、金武町伊芸(伊芸区提供)

 落下物は沖縄防衛局が回収し米軍に照会している。落下地点は民家から約50メートル、沖縄自動車道から約150メートルの距離。付近には住宅が並ぶ。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気