大和ハウス工業(大阪市、芳井敬一社長)は6日、沖縄県豊見城市豊崎で開発を進めている大型商業施設の名称を「iias(イーアス)沖縄豊崎」に決定したと発表した。2020年4月下旬のオープンを予定し、年間の来場者数は1千万人、売り上げは約220億円を目指している。

大型商業施設「iias(イーアス)沖縄豊崎」の内観イメージ(大和ハウス工業提供)

大型商業施設「iias(イーアス)沖縄豊崎」の外観イメージ(大和ハウス工業提供)

大型商業施設「iias(イーアス)沖縄豊崎」の内観イメージ(大和ハウス工業提供) 大型商業施設「iias(イーアス)沖縄豊崎」の外観イメージ(大和ハウス工業提供)

 地上4階建て、敷地面積7万1499平方メートル、延べ床面積13万5千平方メートルの豊見城市最大のショッピングセンターで、155店舗が出店。

 「DMMかりゆし水族館」「AEONSTYLE(イオンスタイル)」が入居するほか、県内初となる生活雑貨専門店「ロフト」の出店も明らかにした。

 屋内型のミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS OKINAWA(スモールワールズオキナワ)」は22年3月に開業を予定している。

 屋上となる4階は、県産食材を使ったバーベキューを楽しめるスペースやプールなどを設けたテーマパーク「STEM RESORT」が20年7月に開業する。

 「iias(イーアス)」は、知性(intelligence)、独自性(identity)、快適性(amenity)が、共存(symbiosis)し合うことで、地域社会や来場者の「良い明日」を築いていくことをコンセプトにしている。