【久米島】紬を織って27年目、高坂エミ子さん(61)=国重要無形文化財・久米島紬保持団体構成員=の泥染めの黒には家族の存在が映る。 今も住んでいる真謝に生まれ、近所の女性が紬を織るのを見て育った。泥染めが主流で秋、1年かけて織る40反分(1反は着物1着分)以上の糸を一気に染める人も。