シャープは、ビデオ会議やチャットができる法人向けサービスの提供を始めた。パソコンやスマートフォンで利用する。参加者同士で会議資料を共有し、画面上で書き込んで説明することもできる。働き方改革の一環として職場以外で働く「テレワーク」が広がっており、中小企業などからの需要を見込む。

 シャープが提供を始めたビデオ会議やチャットができる法人向けサービス

 このサービスは子会社が開発した「リンク ビズ」で、シャープ社内で使われていたものを改良した。メッセージの交換や、音声だけの通信もできる。サービスを導入していない取引先の企業の担当者が、一時的に会議に参加して意見交換することも可能だ。(共同通信)