慈恵病院(熊本市)は7日、妊婦が孤立した状況で出産が迫っている場合などに限り、匿名で出産できる事実上の「内密出産制度」を導入したと発表した。同病院によると、現段階で匿名妊婦を受け入れる国内唯一の病院になったという。ただ、匿名での出産は子どもが出自を知ることができない問題があるため「ぎりぎりまで実名出産を促す」と説明している。

 記者会見する慈恵病院の担当者=7日午後、熊本市

 同病院は親が育てられない乳幼児を匿名でも受け入れる施設「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営している。

 導入した制度は、病院の新生児相談室長に身元を明かすのを条件に仮名での出産を認める。(共同通信)