共同通信 ニュース

スキーW杯距離、石田正子17位 ノルウェーのヨーハウグが優勝

2019年12月7日 23:04

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は7日、リレハンメルでクラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑る距離複合が行われ、女子(15キロ)の石田正子(JR北海道)は17位だった。テレーセ・ヨーハウグ(ノルウェー)が優勝。

 男子(30キロ)はアレクサンドル・ボルシュノフ(ロシア)が制し馬場直人(ゴールドウイン)は21位、吉田圭伸(自衛隊)は41位、宮沢大志(JR東日本スポーツ)は44位だった。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間