八重瀬町のマンゴー農家、伊集守康さん(66)が、マンゴーで国内初となる国際水準の安全認証「ASIAGAP(アジアギャップ)」を取得した。認証は10月25日付で、個人農家での取得は県内初。アジアギャップ指導員の資格を持つ息子・永(ひさし)さん(34)と二人三脚で、約1年前から取り組んだ。