沖縄県の南城市と八重瀬町でつくる島尻消防組合消防本部で、パワハラや規則を越えた「飛び級」などの問題が、報道機関に告発する形で次々と明るみに出た。職場の問題は労働組合(労組)が「駆け込み寺」となって、団体交渉などを経て改善につながることが多い。