8日午前0時10分ごろ、沖縄県沖縄市照屋の国道329号の交差点で、右折しようとした乗用車が横断中だった50代男性にはねた。沖縄署によると、男性は本島中部の病院に搬送されたが命に別条はない。

パトカー(資料写真)

 署は同日、過失運転致傷と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、乗用車を運転していた沖縄市照屋の男(47)=自称建築作業員=を現行犯逮捕。呼気からは基準値約4倍のアルコールが検知された。調べに対して、容疑を認めているという。