共同通信 ニュース

皇后杯、日テレなど準決勝進出 サッカー、全日本女子選手権

2019年12月8日 18:34

 サッカーの皇后杯全日本女子選手権第8日は8日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムなどで準々決勝が行われ、3連覇を目指す日テレのほか浦和、INAC神戸のなでしこリーグ1部勢と、なでしこリーグ2部のちふれAS埼玉が22日の準決勝に進んだ。

 日テレ―日体大フィールズ横浜 前半、2点目のゴールを決める日テレ・田中。GK福田=パロマ瑞穂

 なでしこ1部5連覇の日テレは田中の2得点などで日体大フィールズ横浜に5―0で大勝。浦和は仙台を、3大会ぶり7度目の制覇を狙うINAC神戸はノジマステラ神奈川相模原を1―0で下した。ちふれAS埼玉はオルカ鴨川に3―2で競り勝った。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気