共同通信 ニュース

小平8位、小田が5位 スピードW杯第3戦

2019年12月9日 00:27

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦最終日は8日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子1500メートルの小平奈緒(相沢病院)は1分57秒73で8位だった。イバニー・ブロンディン(カナダ)が優勝し、小野寺優奈(高崎健康福祉大)は最下位の20位。

 女子1500メートルで8位だった小平奈緒=ヌルスルタン(共同)

 男子1500メートルは小田卓朗(開発計画研究所)が1分46秒14で5位。格下のBクラスでは近藤太郎(ANAエアポートサービス)が1分47秒24で3位だった。

 女子の高木美帆(日体大助手)らナショナルチームの主力は出ていない。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気