来年に開発から100年を迎える皆生温泉(鳥取県米子市)の旅館組合が、記念のロゴマークを10日から募集する。「皆生きる」がメインテーマで、来年2月2日まで。同月末に最優秀賞1点を発表し、受賞者に賞金5万円とペア宿泊券を贈る。

 募集するのは、テーマを表すシンボルマークと「皆生温泉開発100周年」の文字をデザインしたロゴタイプのセット。日本海に面しマリンスポーツやトライアスロンが盛んで、鳥取、島根の山陰両県の中央に位置していることから、サブテーマは「海遊リゾート皆生温泉(健康・長寿・スポーツ)、山陰のド真ん中!」とした。(共同通信)