東海道新幹線で昨年6月、乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人や殺人未遂の罪に問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判の論告求刑公判が9日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)であり、検察側は「一生刑務所に入りたいという身勝手な動機による凶悪な無差別殺人だ」として無期懲役を求刑した。判決は18日に言い渡される。

 小島一朗被告

 検察側は論告で「走行中の新幹線内での事件で、誰もが被害者になり得た悪質な犯行態様だ」と指摘。凶行を止めに入った男性に馬乗りになり78カ所の傷を負わせ殺害しており、「極めて強固な殺意に基づく残虐な犯行で、反省の態度はみじんもない」と非難した。(共同通信)