故事成語を元にした話を分かりやすい新聞記事として書き、相手への物事の伝え方を学ぶ授業が11月21日、糸満市立糸満中学校で開かれた。1年4組の生徒29人が、前田佐綾香教諭の指導で、「いつ、どこで」など5W1Hの情報や文章の起承転結を意識しながら記事を書いた=写真。