【カブール共同】アフガニスタン東部で福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)が銃撃された事件で、中村さんは4日の発生当時、自分の車と他の車の計2台で移動していたことが9日までのアフガン警察の調べで分かった。警察は当初、1台で移動していたと説明していたが、訂正した。

 ペシャワール会の福元満治広報担当理事も9日、中村さんの車の後方に警備車両が1台同行していたと明らかにし「2台で常に行動していた」と強調した。

 一方、中村さんは失血により死亡したとみられることが9日、アフガン保健省幹部への取材で分かった。(共同通信)