全国高校総体(インターハイ)の沖縄県実行委員会事務局とおきぎん経済研究所は5日、今夏開かれた南部九州総体の県内への経済効果が、生産額ベースで約42億6610万円だったとの試算結果を発表した。2016年からの事前準備を含めた累計効果は約48億2310万円となった。