ベッセルホテル開発(広島県、瀬尾吉郎社長)は2日、北谷町美浜にベッセルホテルズ初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」(全229室)を2020年3月1日に開業すると発表した。「充実した時間にいざなう」をコンセプトに、本島西海岸の立地を生かし、海に浮かぶ夕日を眺めながら非日常を体験できるホテルを目指す。

2020年3月に開業するベッセルホテルズ初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」のインフィニティプールのイメージ図(ベッセルホテル開発提供)

2020年3月に開業するベッセルホテルズ初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」の客室のイメージ図(ベッセルホテル開発提供)

2020年3月に開業するベッセルホテルズ初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」のインフィニティプールのイメージ図(ベッセルホテル開発提供) 2020年3月に開業するベッセルホテルズ初のリゾートホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」の客室のイメージ図(ベッセルホテル開発提供)

 地上8階建てで、敷地面積は8166平方メートル、延べ床面積は1万2192平方メートル。客室面積は約25~約57平方メートル。

 水平線に溶け込むような「インフィニティプール」や、地下からくみ上げる天然温泉の大浴場などを完備。宿泊客が自ら朝食を作れる体験コーナーも設けた。宿泊価格は1泊1室1万700円(税込み)からとなっている。

 瀬尾社長は「旅の原点に立ち返り、大切な家族や友人と楽しい時間を過ごしてもらい、心も体もリフレッシュしてほしい」とコメントした。