大麻取締法違反の疑いで逮捕された福岡県宇美町の元町議の時任裕史容疑者(42)は、議会で遺伝子組み換え食品や農薬など食の安全に関する質問をし「食や植物に精通した議員」(現職町議)として知られていた。9日、沖縄で米軍属やその息子らを介し、大麻が拡散したとされる事件が明らかになり、関係者に動揺が広がった。