愛知県豊田市で2008年5月、高校1年清水愛美さん=当時(15)=が殺害された強盗殺人事件で、解決に結びつく情報提供者に最高300万円を支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の受付期間が来年12月まで再延長され、豊田署捜査本部は10日、現場周辺の駅で情報提供を呼び掛けた。

 2008年5月に発生した清水愛美さん殺害事件の情報提供を呼び掛ける愛知県警の警察官=10日午前、愛知県豊田市の名鉄豊田市駅

 名古屋鉄道豊田市駅のロータリーでは豊田署員など計60人が、現場に残されたものと同型のタオルや持ち去られたとみられるジャージーの写真が入ったチラシを配布した。

 豊田署の佐原利幸刑事課長は「犯人が生活していれば必ず人との接点ができる。周囲で不審な行動をする人物がいれば情報提供を」と呼び掛けた。(共同通信)