沖縄県保健医療部は10日、県立南部医療センター・こども医療センター勤務の男性医師(40)が、無免許で計13回にわたり麻薬「フェンタニル」を含む注射液の患者への投与を指示していたと発表した。10日午後1時から会見を開いた。