わらにもすがる思いで、夢を探しに向かった東京。仕事も学業も中途半端な自分自身に決別するためでもあった。あれから17年。モノづくりの現場に活路を見いだし、気鋭のプロダクト(製品)デザイナーとして日々を送る。「使う人に豊かな時間や体験を届けられることが何よりの醍醐味(だいごみ)です」。