首里城の復興をテーマにしたシンポジウム「首里城(すいぐすく)への想(うむ)い」(主催・琉球弧世界遺産学会、東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター)が1日、那覇市内で開かれ、グスク研究所代表の當眞嗣一氏ら4氏が火災後の1カ月を振り返り、再建への課題について意見を交わした。