湛水流伝統保存会前会長、國吉清☆(日の下に却の去が工)の研究演奏と講演「今、ふたたび甦る琉球古典音楽」が11月2日、浦添市の国立劇場おきなわで開かれた。歌三線の比較演奏を通して「屋嘉比工工四」を広く紹介する舞台となった=写真。