東京都練馬区の自宅で44歳の長男を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)は11日、東京地裁(中山大行裁判長)の裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、長男の家庭内暴力を恐れて殺害を決意したと指摘した。

 熊沢英昭被告

 冒頭陳述によると、長男は有名私立中学に進学したが、いじめを受けるなどして熊沢被告と妻に暴力を振るうようになった。高校卒業を契機に長男を東京・目白などの別の家に住まわせたが、事件1週間前に実家に戻った。(共同通信)