【中城】サバ缶やツナ缶など缶詰を使ったアレンジ料理教室(主催・村)がこのほど、吉の浦会館であり、16人が8品を仕上げた。 管理栄養士の高良咲希さん(25)と具志堅るみ子さん(33)が、災害時の非常食として家庭に缶詰を備蓄する取り組みを紹介。