沖縄タイムス+プラス ニュース

初めて切った「ぴっかぴかー」の髪 病気の子へヘアドネーション 6歳男児が40センチ贈る 

2019年12月14日 05:00

 美しくなって首里城再建を支援-。ヘアカットやヘッドスパなどを無料で施術し、寄付を募る「首里城再建チャリティーカット」が11月26日、町東崎の美容室「モアナ バイ ヘッドライト東崎店」であった。県内外から美容師ら約50人が集まり、来客者156人にサービスを提供。計34万2802円の善意が寄せられた。 

生まれて初めて髪を切り、寄付する予定の小川ジェイちゃん=11月26日、西原町東崎・モアナ バイ ヘッドライト東崎店

 来店した小川光一さんの息子ジェイちゃん(6)は生まれて初めて髪を切った。約40センチの髪を、病気などで髪を失った18歳未満の子どもに贈る医療用ウィッグ作りに協力するため寄付する予定だ。

 小川さん一家は約10年前から「病気などで髪をなくされた人たちの力になれたら」とヘアドネーション(髪の寄付)に取り組んできた。

 ジェイちゃんは最近、髪を切りたがっていたそうで「首里城再建にも貢献できるイベントはちょうど良い機会だった」(光一さん)という。

 ジェイちゃんはヘアアイロンで巻いてもらった髪を両手で持ち上げ「ぴっかぴかー」「かっこいい」とうれしそうにスキップ。光一さんから「病気の子どもや首里城のために良いことしたんだよ」と聞かされると「うれしい」と笑顔を見せた。

 母のミッシェル・アンさん(39)も髪を伸ばし中。切った家族全員の髪をそろえて寄付するという。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気