名護市辺野古住民らが国交相裁決の取り消しを求めた抗告訴訟が結審した。論点は異なるものの、県が提起した抗告訴訟と同様、入り口論で高いハードルが待ち受ける。裁判所が新基地建設を巡る議論の本質まで踏み込んだ判断を出すのか、注目が集まる。