指定暴力団の山口組と神戸山口組の抗争とみられる銃撃事件が相次いだことを受け、暴力団対策法に基づく「特定抗争指定暴力団」に指定する手続きのため、兵庫や愛知など6府県の公安委員会が20日から代表者の意見聴取を始めることが12日、各府県警への取材で分かった。

 警察当局は指定に向けた情報収集を進め、対立が深まっていると判断している。手続きが順調に進めば年内にも指定が決まり、各府県の公安委が年明けに官報で公示して効力が発生する見込み。

 意見聴取は20~25日に実施され、各府県警本部が会場となる。組側が欠席しても手続きに支障はない。(共同通信)