JR旅客6社は12日、27日から来年1月5日にかけての年末年始の新幹線、在来線の指定席予約状況を発表した。11日現在、前年同期比5%増の403万席が予約され、年末の28日、年始の4日がいずれも土曜で、長い休みを取りやすい曜日配列が影響しているとみられる。ピークは下り29日、上り1月4日。

 台風19号で被災し、年末年始の運転本数が前年と比べ9割の北陸新幹線も好調。JR東日本区間が2%増の29万席、西日本区間が3%増の18万席。JRは「本数が減った分、早めに予約しようとする人もいるのでは」と分析する。(共同通信)