【東京】沖縄県は13日に内閣府で開かれた国家戦略特別区域の合同会議で、路線バスを運転できる大型第二種免許受験資格の要件緩和を提案した。運転手不足で路線バスの減便が生じており、運転手を安定的に確保する狙いがある。