沖縄弁護士会は17日、生活保護に関する相談を電話で受け付ける「生活保護ホットライン」を実施する。担当弁護士が無料で対応する。 同会の謝花喜晃弁護士は「生活保護を受けられるのに受けていない人も多い。憲法で保障される健康で文化的な最低限度の生活が送れるよう、疑問や悩みに答えたい。