冬の風物詩「ふたご座流星群」は今年、14日夜から15日未明に見頃を迎える。気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)によると、西日本や東日本の太平洋側は晴れるとみられ、観測できるチャンスが大きい。一方、日本海側はすっきりしない天気で難しそうだ。