【ワシントン、北京共同】米中両政府は13日、貿易協議の「第1段階」合意に達したと発表、トランプ米政権は中国の農産品大量購入を条件に、制裁縮小や新たな制裁発動見送りに応じた。制裁と報復の悪循環はいったん止まったが、中国のハイテク産業への補助金といった構造問題はほぼ手つかず。包括合意を目指す交渉の進め方でも、大統領選前の得点稼ぎを急ぐトランプ氏と習近平指導部との認識のずれが早くも表面化しており、先行きは見通せない。

 トランプ米大統領=13日、ホワイトハウス(UPI=共同)

 米政権は年明けの合意文書署名後、第2弾合意に向けた協議に直ちに入りたい考えだ。(共同通信)