共同通信 ニュース

バド、桃田賢斗は2年連続決勝へ 女子複はナガマツが制す

2019年12月14日 23:25

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は14日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が王子維(台湾)を2―0で下して2年連続で決勝に進んだ。

 男子シングルス準決勝で台湾選手に勝利した桃田賢斗=広州(共同)

 ダブルスの女子は永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)に逆転勝ちし、初の決勝進出。男子は遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)がインドネシアのペアを2―1で破って昨年に続いて決勝に進んだ。混合は渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)が中国ペアに1―2で競り負けた。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気