共同通信 ニュース

豊田国際体操、神本が男子3冠 最終日は平行棒と跳馬V

2019年12月15日 17:20

 種目別で争う体操の豊田国際競技会最終日は15日、愛知県の豊田市総合体育館で行われ、10月の世界選手権で代表だった神本雄也(コナミスポーツ)が平行棒を15・033点、跳馬を14・033点で制し、前日のつり輪と合わせて今大会3冠を達成した。

 男子跳馬で優勝した神本雄也=豊田市総合体育館

 平行棒では世界選手権銅メダルの萱和磨(セントラルスポーツ)が2位。オープン参加で順位のつかない白井健三(日体大大学院)は跳馬が14・566点、鉄棒は14・133点だった。

 女子では畠田瞳(セントラルスポーツ)が平均台で2位に入った。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気